NJCネットコムズの
レゴ®シリアスプレイ®

NJCネットコミュニケーションズ株式会社は、レゴ®シリアスプレイ®を活用してお客様の「ITで自社を変革する」をお手伝いいたします。

レゴブロックを利用し、社員ひとりひとりの原理原則や価値観、組織に内在する課題を可視化するために、当社のファシリテーターが、参加者全員の言葉を導き出すための「場づくり」を提供してまいります。

レゴ®シリアスプレイ®とはなにか

レゴ®シリアスプレイ®とは、教育理論である「コンストラクショニズム」をベースとした人材開発、組織形成、問題解決のメソッドです。参加者はコミュニケーションと意思決定を行なうため、有資格者(LEGO®︎SERIOUS PLAY®︎メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテーター)に導かれながら対話・議論を実現していきます。

なぜレゴ®シリアスプレイ®が必要か

通常、対話や議論というと、言葉を用いて行なう場合が多いと思います。しかし残念ながら「良い意見を持っていても大抵は言わない」「言葉と文字だけではクリアできない問題」というケースも少なくありません。自分自身の中にある考えを言葉にできない。他の人にうまく伝えられない。明確な解決策を出すのが難しいこの時代。もしかすると良質のアイデアは、このような埋もれたところに存在するのかもしれません。

もし、社員ひとりひとりがイマジネーションや想像力を発揮できるなら。
もし、全員が100%を聞いて100%を話す場を作ることができるなら。
もし、社員ひとりひとりの手が生み出す言葉をアウトプットできるなら。
もし、今、この対話・議論をリアルな意思決定の場にできるとしたら。

レゴ®シリアスプレイ®の価値

人の特性や感性、大事にしているところなどは、言葉で共有しようとしてもどうしても難しい局面が多いです。これは当社だけでなく、お客様でも同様だと思います。内定者、新入社員、グループやチーム、大型のプロジェクトも含め、実際に存在するのは「人」です。

レゴ®シリアスプレイ®は、そのような人の「感性」や「大事なところ」を全員で共有しながらワークを行ないます。言葉では立ち行かないところでもレゴブロックを使い、認定ファシリテーターが導いていくことで、より有益なコミュニケーションを生み出していきます。

レゴブロックはおもちゃですが、レゴ®シリアスプレイ®は大人のためのメソッドです。このレゴ®シリアスプレイ®が有効に機能する場面が、お客様の組織内でも必ず存在するはずです。

<初顔合わせ>

プロジェクトや内定者のような初顔合わせの場合、どうしても個々の持つ「感性」や「大事にしているところ」に気付けないケースが多々あると思います。これらを言葉だけで解決しようとすると、どうしても言葉を作ってしまったり、語彙力によって言葉が出ないケースがあります。

その「感性」や「大事にしているところ」を予め共有することで、プロジェクトを進めるうちに発生する食い違いや齟齬などに対して、一旦、人間としての原理原則に立ち戻ることが可能です。

【おすすめのワーク】
レゴ®︎シリアスプレイ®︎のメソッドと教材を活用したワークショップ
・”自分自身”を形にしてみる/隣の方の”強み”を作ってみる
・作品をベースにお互いで質問しあう

<チームビルディング>

チームビルディングの際に大事になる「全員の意見を聴く」というフェーズですが、言葉だけに頼ると、一部の声の大きいメンバーだけが目立ってしまいます。それらを改善しようと全員から意見を求めても、なかなか言い出せないメンバーも出てきたりします。

その際に、ファシリテーターによる問いをレゴ®シリアスプレイ®で全員に作品を作らせ、全員にその作品について発表させます。視線の向き先は個人ではなく作品になるので、心理的安全性が保たれます。

【おすすめのワーク】
レゴ®︎シリアスプレイ®︎のメソッドと教材を活用したワークショップ
・個人のアイデアについて作品を作らせて共有してもらう
・お互いの作品について作品のことだけで対話をしてもらう

<チームビルディング>

チームビルディングにおいて問題になる「個人の意見=チームの意見」。これを解消するためにレゴ®シリアスプレイ®では全員の作品からひとつの物語(スーパーストーリー)を作っていきます。ひとりひとりの作品の中から、最も大事な部分を持ち寄ってチームの作品を作ります。

このワークの良いところは、「誰一人見捨てない」という部分です。すべてのメンバーに良いところは必ずあります。そのメンバーの大事な部分に全員でフォーカスしていくことで、チームをひとつにしていけるのではないでしょうか。

【おすすめのワーク】
レゴ®︎シリアスプレイ®︎のメソッドと教材を活用したワークショップ
・共有モデルを作成しスーパーストーリーを全員で理解する
・チームの全員が、チーム全員の大事な部分を共有する

<厄介な問題解決>

自分たちではどうしようもない問題に突き当たってしまうと、会議が愚痴大会になってしまうケースがあります。そのような厄介な問題への解決の糸口を見つけるのにもレゴ®シリアスプレイ®は有効です。

問題の本質や、どうして相手はそう思うのか、などを作品にしていくことで、心理的負担を軽減しながら問題解決へのアプローチをすすめることができます。

【おすすめのワーク】
レゴ®︎シリアスプレイ®︎のメソッドと教材を活用したワークショップ
・リアルタイムに戦略を考える

※「レゴ」「LEGO」「レゴブロック」はすべてレゴ社の知的財産です。